面会交流権を予め放棄する約束は無効

797ff008ebf6e6c7405b2ed931d3a253_s

親権者が、非親権者とのその後の接触を断つため、「面会交流権を放棄する」と契約書に記載した場合でも、その合意は無効です。

面会交流権の取り決めをした当初、「中途半端に会うと余計に辛い」と思って面会交流の権利を放棄してしまい、後になって後悔している方もいるかもしれませんが、そのような合意は無効ですので、今後どのような方法で面会交流を実施すべきか、専門家に相談してみましょう。

関連記事

  • 面会交流権とは?面会交流権とは? 面会交流権とは 面会交流権とは、離婚後、親権者または監護者とならなかった親が、子どもと面接・交渉する(会ったり、手紙を交わしたりする)権利のことをいいます。 […]
  • 面会交流権面会交流権 面会交流権とは? 面会交流権とは、離婚後、親権者または監護者とならなかった親が、子どもと面接・交渉する(会ったり、手紙を交わしたりする)権利のことをいいます。 […]
  • 面会交流の具体的な内容の決め方面会交流の具体的な内容の決め方 面会交流の内容は、両親の協議で決めるのが原則です。協議で決まらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てて話し合いますが、それでもまとまらなければ審判で決定してもらうことにな […]
  • 面会交流のプラス面・マイナス面面会交流のプラス面・マイナス面 面会交流には両親の監護方針に食い違いが大きいと、どちらの親の言うことを聞いたらいいのか、子どもに忠誠心の葛藤や大きな精神的同様が生じます。 また、会うことによって、 […]
  • 面会交流が認められにくいケース面会交流が認められにくいケース 面会交流は親の権利として認められるものですが「子の福祉」、つまり子どもの心身の健全な成長を妨げないことが絶対条件です。 したがって、面会交流を行うことがかえって子ど […]
  • 面会交流に関して取り決めておくべき事柄面会交流に関して取り決めておくべき事柄 愛を与える人が多いほど子供は幸せに近づく 離婚する方々の多くは面会交流の具体的な取り決めができていません。具体的な取り決めをしていなくても、離婚の当事者双方が、 […]

コメントを残す

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲