面会交流の決定から取り消しまでの流れ

975ba1fb5a6d3ac82df63afa2a782b08_s

  1. 親同士の話し合いで解決できない
  2. 家庭裁判所に「面会交流権」の申立てを行う
  3. 面会交流の具体的な内容を取り決める
  4. 面接が子どもに悪い影響を与えることが判明
  5. 家庭裁判所に「調停事項の変更」の申立てを行う
  6. 面会交流の権限、内容を一時停止、または取り消す

関連記事

  • 面会交流が認められにくいケース面会交流が認められにくいケース 面会交流は親の権利として認められるものですが「子の福祉」、つまり子どもの心身の健全な成長を妨げないことが絶対条件です。 したがって、面会交流を行うことがかえって子ど […]
  • 面会交流権面会交流権 面会交流権とは? 面会交流権とは、離婚後、親権者または監護者とならなかった親が、子どもと面接・交渉する(会ったり、手紙を交わしたりする)権利のことをいいます。 […]
  • 養育費を支払わない親の面会交流権養育費を支払わない親の面会交流権 養育費を払わなくても面会交流を求める権利があることは変わりありません。親の義務を果たさずに権利だけを主張する態度には、道徳的問題はあると思いますが、法律的には養育費の問題 […]
  • 面会交流の具体的な内容の決め方面会交流の具体的な内容の決め方 面会交流の内容は、両親の協議で決めるのが原則です。協議で決まらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てて話し合いますが、それでもまとまらなければ審判で決定してもらうことにな […]
  • 面会交流権の内容変更面会交流権の内容変更 面会交流の方法を決めて実行した結果、子どもが面会交流の日が近づくと体調をおかしくしたり、会うのを泣いて嫌がるようになった場合にも、決めたとおりに面会交流させなければならな […]
  • 子どもに会わせてくれないとき子どもに会わせてくれないとき 子どもに会いたいのに会わせてもらえなければ、「子どもの監護に関する調停申立書」を家庭裁判所に出し、面会交流を求めることになります。 離婚の話し合いがこじれたまま、妻 […]

コメントを残す

▼ 閉じる ▼

▲ 閉じる ▲

Return to Top ▲Return to Top ▲